ダイヤモンド買取の前に4Cについて知っておこう

ダイヤモンド買取の時の査定では、4Cがとても重要です。

鑑定書があればそこに記載されていますが、ない場合はこれらがきちんと鑑定できる鑑定士がいる買取店へ持って行くことをおすすめします。

ここでは、ダイヤの4Cについてまとめておきます。

《ダイヤモンドの4Cとは》

私も、実はダイヤモンドの4Cについてほとんど知りませんでした。

鑑定書も手元にあるのですが、中をじっくり見たことがないのです。

それで今回、4Cについて調べてみたのです。

ダイヤモンドの4Cとは、カット(輝き)、カラー(色)、カラット(重さ)、クラリティ(透明度)の頭文字を指しています。

カットはダイヤモンドの輝きを決定づける一番大切なものです。

カラーは無色透明なほど価値が高くなります。

カラットは石の大きさと思われがちですが、重さのことです。

クラリティは石に内包物があるかないかをチェックしたものです。

【関連記事】宝石商になった気分「ヴァン クリーフ&アーペル」でダイヤモンドのグレードを鑑定

《鑑定書がなくても買取は可能》

ダイヤモンドの鑑定書で4Cを確認することができるのですが、もし鑑定書が見当たらない場合はどうすれば良いのでしょう。

ダイヤモンド買取専門店なら鑑定士がいますので、ダイヤを鑑定し、査定をしてくれます。

鑑定書がないと買取できないというお店は、鑑定できる人がいないからなので、正確な査定額が出ません。

このようなお店には依頼しない方が良いですよ。

自分で鑑定を依頼することもできます。

中央宝石研究所というところに依頼すればしてもらえますが、ダイヤはルースの状態にしないといけませんので注意してください。

自分で台座から石を外すのは大変なので、専門店に依頼した方が良いですよ。